【サービス終了】モノレートの閉鎖がついに確定!代替えツール2選を紹介します!
  Kyohei  Kyohei

こんにちは!Kyoheiです!

 

モノレートの閉鎖によってサービス終了が公式に発表されました。

 

モノレート公式 封鎖のお知らせ

 

2020年6月15日、モノレートを運営しているインベイズ株式会社のモノレート運営陣より、『モノレートの閉鎖と閉鎖理由』が発表されました。

 

モノレートは2020年6月30日をもって、サービス終了になります。

 

モノレートは、以前からサービス終了がささやかれていましたが、今回ついに閉鎖することになっていしまいました。

 

モノレートを使用している方は多いと思いますし、僕もその一人なので、とても悲しいと共に、変わりのツールはどうしようかな~と思っているところです。

 

しかし、モノレートが無くなるからと言って仕入れが出来なくなるわけではないです。

 

むしろ、新規参入者には少し厳しいと思いますが、参入障壁が少し上がったことで、すでにせどり、転売をしている人にはライバルが減る可能性があり、むしろプラスの効果になることもあると予測できます。

 

そこで今回は、モノレートが閉鎖したことについて、と代替えツール2選を紹介していきます!

 

閉鎖のお知らせにはモノレート運営陣の開発したウォッチベルというツールが紹介されています。

 

ウォッチベルはAmazonからの許可が出ているみたいなので閉鎖は無さそうです^ ^

 

ウィッチベルについては記事の後半で番外編として書いていますので、ぜひ最後までお読み頂ければと思います。

 

 

この記事はこのような方におススメです!

・せどり、転売でモノレートを使っていた方

・モノレートに興味があった方

・モノレート以外のツールを知りたい方

・せどり、転売が出来なくなると不安に思っている方

・今後の仕入れが出来なくなると思っている方

 

 

それでは詳しく書いていきます!

 

モノレートとは

 

モノレートは、Amazon価格推移チェックツールです。

 

せどらーや転売屋にとって、無料で使える非常に完成度の高いツールです。

 

無料で使えるツールではトップクラスのサービスを提供してきたツールで、運営陣の努力が垣間見えるほどの超優良ツールと言えます。

 

主に、価格推移、出品者推移、販売数、モノレートユーザー数から仕入れる基準を指し示してくれる、初心者でもすぐに使いこなせるツールになります。

 

ここでミソになるのが、モノレートユーザー数の推移グラフです。

 

他のツールではこのような指標は無いので、今後価格競争が起こるかを予測するのが難しくなります。

 

この記事で紹介するデルタトレーサー、キーパには搭載されていない指標です。

 

モノレートユーザー数のグラフを読み取れば、今後の価格上下予想と出品者の増減を予想できます。

 

出品者が増えれば、価格競争が起きて、仕入れても赤字になる場合があります。

 

▼モノレートユーザー数の大事さはこの記事で取り上げているので、よろしければお読みください。

【せどり・転売】モノレートの見方について、詳しく解説します!

 

モノレートがサービス終了すると困ること

 

モノレートが無くなると、モノレートしか使っていない人や、知らない人にとっては結構絶望的に思うかもしれません。

 

モノレートが終了して困ることは、たったひとつです!

 

お金がかかるようになる』だけです。

 

モノレートが支持されていた理由は、グラフの見やすさに特化していることと、使用料が無料ということです。

 

モノレートに慣れていると、他のツールのグラフが少し見にくいかもしれません。

 

ですが、人間は慣れれば全く違和感なく使用することが出来るので、グラフの見やすさは困ることにはなりません。

 

無料で使用できたモノレートが終了したことで、有料版の価格推移チェックツールしか残らない可能性があります。

 

そもそも、モノレートは無料で使えるような完成度ではなく、普通は有料版でリリースされていてもおかしくない完成度のツールです。

 

モノレートがモノレート終了することで、特に店舗仕入れが出来なくなると言われていますが、全然そんなことはありません。

 

価格推移チェックツールを他の代替えツールに変えるか、価格推移を自分で予想して仕入れを行えばいいのです。

 

ツールに頼らない仕入れを行えると、仕入れスキルにさらに磨きがかかりますよ♪

 

もう一度言うと、モノレートが無くなって困ることは、『お金がかかるようになる』ことだけです!

 

モノレート閉鎖によるサービス終了についての口コミ

 


口コミには、モノレートが終了しても特に問題ないという意見が多かったです。

 

僕もその意見と同じですが、初心者にとっては死活問題で、何かしらの代替えツールは必須だと思います。

 

モノレート閉鎖しサービス終了になった理由とは

モノレートは、以前からサービス終了の噂はありましたが、今回実現してしまいました。

 

 

※重要※ モノレート閉鎖のお知らせ

 

モノレートを開いた時にこのような注意書きがありました。

 

  Kyohei  Kyohei

ん?何だこれ?

 

皆さんも同じようなことを思った人もいると思います。

 

インベイズ株式会社のモノレート運営陣から詳しい閉鎖理由の説明がありました。

 

モノレートがAmazonの規約違反に該当する


引用元:お知らせ モノレート

 

Amazon様より、
モノレートが、Amazonの規約違反に該当する
とのご連絡を頂いた為です。

▶全文を読む

 

Amazon規約の何かに触れていたのでしょうね(;^ω^)

 

Amazon規約は人によって解釈も違いますし、Amazonに問い合わせても良く分からない場合が多いので、モノレートが何の規約に違反していたのかは分かりません。

 

モノレート代替えツール2選

 

モノレートが使えなくなり、他のツールを探している人もいると思います。

 

モノレートが無料で使えたのもあり、代替えツールも無料で使いたいところです。

 

無料代替えツールとして、Kyoheiが選んだツール2選を紹介します。

 

DELTA tracer(デルタトレーサー)

 

Keepa(キーパ)

 

有料版のツールは他にもありますが、今回は無料版のツールでおススメのツールを紹介していきます!

 

DELTA tracer

 

デルタトレーサーはGoogle chromeの拡張機能のひとつで、主に価格推移チェックツールです。

 

僕はモノレートを使っていた時期にもデルタトレーサーはたまに使っていました。

 

理由は特にないですww

 

しいて言うなら、僕は飽き性なのでたまには違うものが使いたいというだけですww

 

話を戻しますと、モノレートを使っていない人やこれからせどり、転売を始める人のほとんどの人がデルタトレーサーを使っている、または使っていくと予測できます。

 

僕の感想は、モノレートと比べることになりますが、少し重いなって感じです。

 

それと、モノレートが閉鎖になったことから、デルタトレーサーも閉鎖になる可能性があります。

 

デルタトレーサーは一部モノレートから情報を拾っているみたいなので、その一部情報が見れなくなると推測できます。

 

また、これを機に近々有料化するとの噂もあります。

 

有料化すれば、わざわざデルタトレーサーを使うメリットは無くなります。

 

公式:DELTA tracer

 

Keepa

 

キーパもデルタトレーサーと同様に、Google chromeの拡張機能のひとつです。

 

キーパは基本無料で使える価格推移チェックツールです。

 

2019年2月に一部有料化してしまい、キーパの強みだった「売れ筋ランキング」という機能が無料で使用できなくなりました。

 

つまり、キーパの全機能を使用したい場合は、毎月€15(1800円前後)が必要になります。

 

キーパも有料になる場合は、わざわざお金を払ってキーパを選ぶかは疑問です。

 

 

キーパのグラフはモノレートの下の方にも表示されていました。

 

モノレートに慣れていると少し違う感じがして見にくいですが、慣れれば問題無く見ることが出来ます。

 

公式:Keepa

 

番外編・Watch Bell

 

ウォッチベルはモノレート開発陣が開発中の価格改定ツールです。

 

ウォッチベルはモノレートの後釜になる価格推移チェックツールではなく、あくまで価格改定ツールです。

 

価格推移もチェックできるようですが、モノレートほど見やすいように出来ているかは疑問です。

 

あくまで価格改定ツールですからね( `ー´)ノ

 


引用元:WatchBell公式ホームページ

 

現在はβ版運用中で、無料で使うことが出来ますが、HPにも書いてある通り、将来的には有料化するようです。

 

 

ちなみに、ウォッチベルはAmazonの許可が出ているみたいなので、モノレートのようにAmazon側からのいちゃもんで閉鎖になることは無いようです。

 

▼ウォッチベルより確かな実績と支持を得ているのがマカド!です。こちらの記事に詳細が書いてありますので良ければご覧ください。

Amazonせどり管理ツール【マカド!-MAKADO- 】は本当に使いやすいのか?口コミ、欠点も含めてガチレビューします!

 

まとめ

 

今回は、モノレート閉鎖の理由と代替えツール2選について書いてみました。

 

モノレートが閉鎖した理由は、Amazon規約に違反してしまったことです。

 

Amazonの規約は正直良く分からないところはたくさんあります。

 

例えば、危険物でもない商品が危険物審査待ちになってしまったり、小さい商品が大型商品に区別されたり、Amazonは結構雑ですww

 

代替えツールは、

 

デルタトレーサー

 

キーパ

 

の2つを選びました。

 

他にも有料版のツールはあるので、今後書いていこうと思います。

 

モノレートが封鎖されたことで、ネットではせどらーや転売屋は終わったなと言われることもありますが、実際は全く問題ありません。

 

代替えツールで使えばいいだけです。

 

この代替えツールが有料になってお金がかかるようになるのがネックですが(;^ω^)

 

モノレートが封鎖されてしまって無くなったのはとても残念ですが、しっかり切り替えていきましょう!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

【無料相談絶賛受付中】

 

副業の中でせどりや転売を現在行っている方や、興味を持っていてこれから始めようか悩んでいる方もいると思います。

 

僕自身も色々な副業を試しました。

 

Kyoheiが試した副業一覧

・せどり、転売

・FX

・アフィリエイト

・ポイントサイト

・クラウドソーシング

 

紹介したのは僕が挑戦した副業の一部ですが、ほとんどの副業で稼げなかったり、途中で挫折してしまいました。

 

唯一まとまった額を稼げたのがせどり、転売でした。

 

そんなせどりと転売でもキャッシュフローが回らなくなり失敗した経験もあります。

 

副業で大切なのは、継続して稼ぐことができるか、すぐに稼げるようになるかだと思います。

 

副業ということは、本業ありきでのビジネスになります。

 

本業があるがゆえに副業で稼げずに直ぐ挫折してしまうことがあります。

 

その挫折を防ぐのに、すぐ稼げるかというものが大切になります。

 

僕はせどりや転売を始めて初月はキャッシュフローが回らず失敗しましたが、次月からは月商30万円に達して、利益は5万円ほど出すことが出来ました。

 

現在は、波はありますが、月商1000万円前後で利益は150万円ほど発生しています。

 

ちなみに、僕が失敗した原因は、クレジットカードの支払日を気にせずに使用してしまい、支払いが間に合わなかったからです。

 

初心者にありがちな失敗ですが、僕には相談する相手もいない状況で、ネットで少し調べてせどりを行っていました。

 

独学で行う場合はやはり失敗は付き物で、それによる学びはありますが、失敗しないに越したことはありません。

 

Amazon規約を破ってしまうと最悪アカウントがバンにされて、在庫もAmazonに取られてしまうこともあります。

 

そのレベルの失敗をしてしまうと取り返しがつきません。

 

特に初心者には初心者のステップがあり、それを飛ばしてyoutubeなどの情報発信者と同じことをしても、ほとんどの人は稼ぐことは出来ません。

 

現在、無料相談受付中なので、あなたが思っている不安なことや、やってしまった失敗などをぜひ僕にお聞かせください!

 

せどりや転売だけでなく、様々な副業で多くの失敗を経験しているので、きっとあなたの疑問や不安を解決できると自負しています!

 

一人でやり始めて、取り返しのつかない失敗をしてしまう前にぜひ一度ご相談下さい(*^_^*)

 

  Kyohei  Kyohei

あなたからのご連絡を心待ちにしています!

 

▼Kyoheiに相談してみる。

無料相談受付中

 

おすすめ商品

 

僕が実際に使用、検証してみて、自信を持っておすすめできる商品を紹介しています!

 

初心者から経験者の皆さんにも胸を張って紹介できる商品を紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

 

Kyoheiのおすすめ商品を見てみる

きょうへいのおすすめ商品一覧